FC2ブログ

SHERLOCK3-1「空の霊柩車」

 「SHERLOCK」シーズン3始まりましたねー。もう明日が2回目の放送ですけど。
二年ごとに新シリーズを放送しているようですが、シーズン2を観た直後だと、
やっぱり二年分の時の流れを感じました、シャーロックの顔面に(^^;)
いや、でもそうでもない場面もあったので、単にバッチがお疲れだったのかも。
 それにしても、今や世界中規模でファンに支持されてるシリーズならではの
勢いがありますよね。今回のシーズン3の一回目「空の霊柩車」の、シーズン
2で死んだ(視聴者は生きてるって知ってたけど)シャーロックが生きてる筈だ
と主張するファン達が集まってどういう風に死を偽装したのか仮説をたてて
話し合ってたり、本当に生きてたのがわかった時にツィッターで大騒ぎになる
ところなんか、ドラマ「SHERLOCK」でおこっている現実の事態そのものです
よね。シャーロック本人がアンダーソンに、自殺現場一帯を封鎖して、まるで
ドラマか映画の「撮影」のようにして自殺を偽装して見せたんだよと説明する
のもなかなか粋だなと思いました。
最後にジョンに自殺のトリックを尋ねられたシャーロックが、「僕は頑丈だとい
われてるんだよ」とだけ答えるのもいい。
脚本を巨大なファンベースに迎合してるわけではないけど、かなり積極的に
連動させてるんですよね。ファンの熱気を維持し続けるのはなかなか難しい
ことだと思うし、このシーズンは凝りすぎなくらいだとも思ったのけれど、それ
でもとても面白いです。今のところ私的に完成度最高と思ったのはシーズン2
のアイリーン・アドラーの回、一番ときめいたのは同じくシーズン2の最終回です。
あれ、ジョンとシャーロックの絆ももちろんいいのですが、モリーちゃんとの
場面がすごく好きなんですよ。モリーちゃんもいいし、モリーちゃんに対するシャ
ーロックもいい。「僕のこと助けてくれる?」のくだりは、他の人が他のドラマで
言ったとしたら、愛の告白で使えると思った。シャーロックだとそうならないとこ
ろが魅力でもあるんですけどね。
 シーズン3の始まりは、前シーズンの怒涛のおさらいと新シーズンのストー
リー展開への布石打ちの回ではあったけど、登場人物は相変わらず魅力的
で、続きが楽しみです。まぁ、内容は調べて知ってるんですけど(^^;)
日本は吹き替えの関係からか放送されるのがイギリスより半年遅れなんです
よね。あの吹き替えは素晴らしいのですけどね。
 今回の最高の萌えは、ジョンとシャーロックの再会シーンでした。やっとの
思いでシャーロックの死から立ち直って恋人にプロポーズしているところに
ひょっこりシャーロックが現れて、ジョン激怒!当然よね~(笑)
ジョンがぶち切れるたびに、移動する店のランクが下がっていくのが面白か
ったです。シャーロックはジョンがどうして怒っているのか全然理解できなく
て、ジョンのヒゲのことばっかり気にしてるんですよね(^^;)それで、後日ジョン
もヒゲ剃ってるし!シャーロックが嫌がったから(笑)いいわ~。
シャーロックは自分がジョンにとってどれほど大切な存在であるか想像すら
できないんですよね。ジョンが危険を求める冒険好きな性格だから、自分と
コンビ組んでるとしか思ってない。その愛情面の一種のストイックさがシャー
ロックの最大の魅力なのかもしれない。

拍手してくださった方々、どうもありがとうございます!
 いつも励みにさせていただいています♪
スポンサーサイト



プロフィール

樹里

Author:樹里
ハリポタのスネイプ教授が
大好きです。わりと腐話が
多いのでご注意ください。
本や漫画の感想も書きます。

最新コメント

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR