FC2ブログ

江戸時代、おでこに“犬”って刺青入れられる刑があったらしい。
いきなり犬って彫られるんじゃなくて、一度目の罪で一、二度目で
ノ、三度目(の正直?)で犬の字完成だったそうな。
時代劇で島帰りの前科者は腕に刺青されるというのは知ってた
んですが、おでこって。
江戸時代の髪型は子ども以外は男女とも額を全部出しますから、
ほんと一生ものの烙印ですよね。現代だったら、レーザーで消
せますけどね。
いや、犬の刺青って読んで、シリウスのことを思い出したんです
よ(^^;)奴は冤罪で島流しの刑で島抜け(脱獄)してきたわけですし。
江戸の話で、元は美貌だったのに見る影もなくやつれ果てた顔
の額に“犬”。普通だったら三度目の罪で犬なのに、何故か初犯
で犬って彫られて島送り。島抜けしてきて、苦労して身を潜めな
がら真犯人を探すんです(笑)
スネイプ先生は、髪型(総髪)からして学者かしら?医者でもいい
と思うけど。江戸物はお侍が月代(前頭部剃っちゃう)だからな。
あの髪型は人を選びますよねぇ。スネイプ先生にはさせられ
ないわ。というか、先生はイギリス人ですけど!(シリウスも)
日々、こういう馬鹿げたことを考えております。

拍手してくださった方々、どうもありがとうございます!
スポンサーサイト



プロフィール

樹里

Author:樹里
ハリポタのスネイプ教授が
大好きです。わりと腐話が
多いのでご注意ください。
本や漫画の感想も書きます。

最新コメント

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR