FC2ブログ

インポッシブル・アーキテクチャー

 新型コロナ、あれよあれよという間に大事になっていますが、一般人は
インフルエンザ予防と同じ対策(手洗い、消毒、人混みを避けるetc.)しか
できませんね。マスクも未だに超品薄状態ですね。政府が月6億枚以上
生産するって発表したのでもうしばらくの我慢😣
花粉症の人とか死活問題ですもんね。免疫力が落ちている人も絶対に
必要だし。必要な人に早くいきわたってほしい。


 2月15日に中之島の国立国際美術館に、「インポッシブル・アーキテクチ
ャー -建築家たちの夢
」の磯崎新さんと浅田彰さんの特別対談を聴きに
行ってきました。磯崎さんは、コロナと高齢(88)を理由に周囲に移動を止
められたそうで急遽Skypeでの参加に。今は沖縄にいらっしゃるそうです
が、無理に来られなくてよかったわ。途中で「うちの近くに焼き芋屋が来て
いるので今買いに行かせているところ」なんてのんびり仰ってたんですが、
年中暑そうな沖縄にも焼き芋売ってるんだ。ちょっとびっくりしたわ。🍠
Skypeの通信状況がかなり不安定で聞き取るのが大変でしたが、会場
には凄腕通訳・進行の浅田さんが通常運転だったので大体補完できた
ような気になった(^^;)
 メタボリズムからパンデミック都市(タイムリー)への話、都市の免疫の
話やAI化についてなど、文字でまとまったものを読みたいなとも思うんで
すが、モニター越しに磯崎さんの聞き取りにくいお話を聞けてよかったで
す。建築家って、古今東西の歴史や哲学、芸術、文化に精通して、なお
かつ自分が詩人だという人がなるんだなと思ったのだけれど、磯崎さん
が特別というのもある。去年、日本人としては8人目にプリツカー賞(建築
界のノーベル賞)を受賞されたのですけど、あげるの忘れていたことに去
年気づいたのでは…。
 それはそうと、司会の方が「こんな時によく来てくださった」、浅田さんも
「ウィルス感染の危険をものともせず集まったみなさん」と仰ってて、まぁ
中止になってもおかしくない状況だったんですよね。あんまり危機感な
かったわ。
そういえば、東日本大震災の直後に、京都で行われたジュネのシンポ
ジウムの時も、司会の渡邊守章先生が同じように観客に挨拶されてい
たことを思い出しました。あの時も、危機感なしにふらふらと聴きに行っ
てしまったのですけれど、来日するはずだったゲストのフランス人のジュ
ネ研究者が二人だったか来なかったんですよね。本人の意思の他に、
フランス政府が日本への渡航禁止令を出していたんですね、確か。
「東北なんて京都から遠いのに。敦賀(原発がある)だったらまだわかり
ますけど」と渡邊先生が呆れた口調で仰ってた。私はどうも前から危機
意識が低いみたいです。

拍手してくださった方々、どうもありがとうございました!
スポンサーサイト



プロフィール

樹里

Author:樹里
ハリポタのスネイプ教授が
大好きです。わりと腐話が
多いのでご注意ください。
本や漫画の感想も書きます。

最新コメント

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR