FC2ブログ

ドラマ「大化改新」/お返事

 録画しているので放送当日は最初の方は観ていなくて、
ながら視聴だったのですが、覚えていたところと完全に
忘れていたところが半々くらいでした。後日ちゃんと観る。
岡田くん若くてかわいい。
宝皇女の高島礼子なんて、あんなに妖しく美しいのに
覚えていなかったし、演技が独自路線の山背大兄王の
山口佑一郎はよく覚えていました(笑) 
そして、中大兄皇子が小栗旬ごと記憶になかった理由は
大体察しがつきました。
当時、小栗旬のことをよく知らなかったのもあるけど、そも
そもタイトルが「大化改新」であるにもかかわらず、この作
品は“入鹿”と“鎌足”の物語、というかブロマンス
すよね?池端先生の得意分野だよ!
「麒麟がくる」や「太平記」にも出てくる、誰か(同性)の事を
「美しい」と思うとか、「今度会ったら殺す」というワードが
今作にも出てきていました。
「麒麟がくる」でも、十兵衛(光秀)に高政(主君の嫡男)が
凄い勢いで執着していたのですが、十兵衛に裏切られて
「次に会ったら殺す」と言いつつ、再会したら「俺のところに
戻ってこい」ですよ(^^;) 挙句の果てにナレ死で退場。
そんなのってない。
入鹿の最期って首刎ねられないんだなと思っていたら、
「入鹿!、入鹿!、入鹿!」って自分で殺しておいて号
泣する鎌足の腕の中で目を開けたので驚いたのです
が、鎌足に思いのたけを語りかけてから息絶えたので、
これは入鹿的にはある意味ハッピーエンドなのではな
いかと思いました(腐女子視点)
ちなみに「太平記」でも尊氏は元は仲が良かった弟の
直義と争った挙句に毒殺するんですけど、毒饅頭を
食わしておいて、「わしは弟を殺してしもうた!」と尊氏
号泣。直義は「これでよい。今度生まれ変わったら兄
弟喧嘩はしたくない」と言って尊氏の腕の中で死んで
いった記憶があります。
 生まれながらに全てに恵まれている入鹿がそれゆえに
血にまみれ、純粋なことだけが取柄の鎌足を「美しい」と
思って大切にしていたというのが、キャラクター設定の面
白いところよね。
この話の後の、中大兄皇子と鎌足の大粛清による権力
掌握という史実は池端先生的にはどうでもいいのだろうと
思います。
これを機に古代史ドラマスペシャル三部作全部放送して
くれないかしら。すべて池端俊策先生が脚本担当なので
「麒麟がくる」の今年はいい時期だと思います!一部、
熱狂的な古代史ファンが待っておりますよ~。
「聖徳太子」は、厩戸皇子が弟を暗殺されて怒っていた
ところと馬子が狩りの獲物をワイルドに食べていた
ところしか覚えてないんですけどぜひ観たいです。
今作も気になったんですけど、馬子とか毛人を野蛮に
描きすぎだと思います。蘇我氏って現代で考えると、
財務省と防衛省を一族で取り仕切っていたようなも
ので、最先端の文化を持っている渡来系だし、もうち
ょっと洗練された人物に描いてほしいですわ。
 また続きを書くかもしれませんが、宝塚に「飛鳥夕
映え」(入鹿が主人公らしい)と「鎌足−夢のまほろば、
大和(やまと)し美(うるわ)し−」という作品があると
知りました。検索で画像を見てみたんですが、非常
に興味をそそられる感じです。古代史のドラマ制作
って難しそうだから、アニメとかかなと思っていたの
ですが、盲点でした。さすが宝塚。

◆拍手してくださった方、どうもありがとうございました!
↓にお返事があります。
☆Lizaさま…お久しぶりです。仰る通り多分コロナ禍で
新しい作品の撮影がストップしているからでしょうね。
どうせなら古代史三部作を一挙に放送してくれたらよか
ったのに~と思わないでもないですが、私も長年気にな
っていたので観れてよかったです。
「麒麟がくる」カラフル問題は時代考証に基づいていると
NHKは回答していて、実際、昔の布や仏像を再現して
みたらものすごく派手だったりしますけど、あれは美術
的に意図があってやってる気がします。
「平清盛」なんかは初回、平安末期の荒廃した都の終末
感がよく描かれているなと感心したんですけど、どこかの
知事が「画面が暗い」とか言ってケチがついて、テコ入れ
のせいでかえって迷走してしまい結局低視聴率で終わっ
てしまったんで、NHKもどうしろっていうねんと思ってるか
も(^^;)
時代劇も、戦国時代と江戸時代、武士と町人の話ばっか
り作ってないで、そろそろもっと冒険してほしいですね。
スポンサーサイト



プロフィール

樹里

Author:樹里
ハリポタのスネイプ教授が
大好きです。わりと腐話が
多いのでご注意ください。
本や漫画の感想も書きます。

最新コメント

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR