FC2ブログ

教授生誕記念SS「グリーンアイ」

同居している設定のハリスネです♡
明日はスネイプ先生のお誕生日ですね。

「ねぇセブルス、ホルマリン漬け作れる?」

 かつての教え子かつ同居人である男が不意に
妙なことを訊いてきた。まるでピクルスのレシピ
を訊くような気安さだ。

「当然だ。私の研究室にいくつもあるだろう。買
ったものもあるが、自分でも作る。君はホルマリ
ン漬けになりたくなったのか、ミスター・ポッター」

「ううん、僕全体じゃなくて、眼球だけね。ほら、
セブルスは僕の目が好きなんでしょう?」

突拍子もないことを言い出すので驚いた。確か
にこの男は母譲りのグリーンアイ以外は取り柄
がない。

「目をホルマリン漬けにしたら、その眼鏡もいら
なくなるぞ。それとも君は死ぬ予定でもあるの
か?」

思わず出た皮肉に、ポッターは快活に笑った。

「そんなんじゃないけどさ。セブルスの誕生日
プレゼントを考えていたら、なんとなく思いつい
たんだよ」

眼球をプレゼントなぞ、なんとなく思いつくこと
なのか。

「死んだ後もセブルスの研究室で眼球だけで
も一緒に過ごせたらいいなって」

ポッターの頭の悪さと粘着質な性格が露わな発
言である。到底つきあいきれない。

「君の目をホルマリン漬けにするより私の寿命が
先だろう。いくつ年が離れていると思っているのだ」

と指摘すると、ポッターは、

「えっ、いやだ」

と眉をしかめた。おそろしいほどの頭の悪さだ。
しかも、

「ま、誕生日プレゼントはもう用意してあるんだけど
ね」

としれっとのたまったので今までの会話は何だっ
たのかと思うが、ポッターは楽しみで仕方ない
風にくくっと笑った。

「日付がかわったら、セブルスのお誕生日なんだ
から絶対寝ないでよ」

何故、日付変更と同時に誕生日を祝わなければ
ならないのか謎だが、毎年恒例行事になっている。
私は夜を徹して薬を煎じている鍋の番をすること
も珍しくないので夜更かしは平気だが、眼鏡は
仕事柄早寝早起きなので朝から、というか夕食
くらいを祝ってくれた方が良い。夜中に一面に年
齢分の火のついたキャンドルが立てられている
ケーキが出てくるだけで胸焼けがするし、もの
すごい加齢感がある。
この年になるとキャンドルの火を一息に吹き
消すのも大変なのだ。そんなことを考えていると
疲れてきてしまった。

「すまないが、眠気覚ましにコーヒーか紅茶を淹
れてきてくれないか」

と眼鏡に言いつけると、唯一の美点であるグリ
ーンアイを輝かせてキッチンに飛んで行った。
やれやれと溜息をつかずにはいられなかった
が、ふとホルマリン漬けには眼鏡が思ってい
るよりも複雑な工程があり、すぐに退色してし
まうことを思い出した。退色を復活させる薬品
があるが、扱いが難しい。やはり、眼鏡を生か
しておくことがあの瞳を守る最善策だろう。
そんなことを考えている間に私はまた一つ
年をとるのだ。

今年もよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

樹里

Author:樹里
ハリポタのスネイプ教授が
大好きです。わりと腐話が
多いのでご注意ください。
本や漫画の感想も書きます。

最新コメント

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR